中国首相「ギリシャの借金、工面してもよい」 中華侵略にフランスドイツ顔面蒼白w

ギリシャ危機に救世主? 「借金、工面してもよい」と示唆=中国首相
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150630-00000156-scn-bus_all
中国共産党機関紙の人民日報系の人民網は、中国の李克強首相がギリシャの債務危機問題で、中国が「ギリシャが(問題を)克服するための一切の懸念や求めに対して、実際の行動で対応する」と述べた。
発言は29日だったが、人民網は30日午前9時55分(日本時間同午前10時55分)に報じた。

李首相は28日から7月2日にかけて、ベルギー、フランス、OECD本部などを訪問中だ。現地時間29日午後に行った、欧州理事会首脳と行った記者会見で、ギリシャの債務問題について中国政府の立場を表明した。

李首相は、欧州連合(EU)について、中国の全面的戦略パートナーであり重要な貿易パートナーだと表明。

ギリシャがユーロ圏内にとどまれるかどうかは、ユーロの安定だけでなく、世界の金融の安定と経済の復興に関係していると指摘。
中国は大局的観点から「ギリシャ政権が債務危機を克服できるよう、中国自身の努力をする。
ギリシャが(問題を)克服するための一切の懸念や求めに対して、実際の行動で対応する」、「中国はこの事態に対して建設的な役割りを果たそうと望んでいる」などと述べた。

この記事へのコメント