反日左翼の牙城・外国特派員協会で百地章教授が「もう侵略戦争しないのか」と外国記者に問われ激怒

安保法制「合憲」論者・百地教授「もう侵略戦争しないのか」と外国記者に問われ激怒
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150629-00003318-bengocom-soci
安倍政権が成立を目指す新たな安保法制を「合憲」と解釈する数少ない憲法学者、百地章・日本大学教授と西修・駒澤大学名誉教授が6月29日、東京・有楽町の外国特派員協会で記者会見した。2人は「安保法制は合憲だ」とあらためて声を揃えた。

フランスメディアの記者から「日本が1930年代のような侵略戦争をしないと、どうして言えるのか?」と質問されると、百地教授は「集団的自衛権を全面的に行使することが認められているフランスは侵略しないのに、日本が侵略する可能性があるというのは、明らかに日本という国に対する不信感で受け入れられない」と怒りを露わにした。

さらに続けて、日本は戦前と全く違う国で、戦後の日本が戦争を起こしたことはないとして、「もしそれでも信用できないというのだったら、かつて奴隷制を採用したフランスが、いつまた奴隷制を採用するかわからないという議論につながると思います」と、語気を強めて反論していた。

モーリー・ロバートソン@gjmorley
ニューヨークタイムズの本家も大幅な赤字、ジャパンタイムズは経営危機、そしてFCCJも傾いてフリンジ・ジャーナリズムを招き入れ、禁じ手の「反日」を乱発。
これは時代による淘汰なので仕方ない。ただ、黄昏ていくからこそ高邁な理想を最後まで守り抜き、親指を立てて溶鉱炉に沈んでいってほしい。

モーリー・ロバートソン@gjmorley
NYT東京支局や外国人特派員協会(FCCJ)がなぜか日本の左翼の牙城となり、安倍のファシズムだの沖縄独立だの「原発ガー」という、日本国内ではネタとして見られているものを日夜ご注進している。中国の成長拡大に伴う地球規模での環境破壊、地政学的な不安定はそっちのけで「安倍ガー」ですよ。

この記事へのコメント