初めて抗うつ剤飲んでみたけど効きすぎワロタ。今まであらゆる物に怯えていたけど、もう何も怖くない

10代にも増えるうつ病 その「サイン」

うつ病というと、ストレスの多い大人がかかるものだと思いがちだが、近年は10代の子どもにも症状がみられるようになったという。

児童精神科医の猪子香代・猪子メンタルクリニック院長によると、子どものうつ病の有病率は10代で3~8%とされ、児童期から青年期の間にうつ病を体験する人は20%という調査もあるという。

子どもならではのうつ病の症状はいくつかある。いつもイライラしている、何をするのも遅くなる、面倒くさがり話さなくなる、などだ。
ただ、こうした症状だけでは、うつ病かどうか見分けにくい。特に思春期は、ただでさえ落ち込んだりイライラしたりしやすいものだ。

ひとつの目安は、学校に行くことがつらくなるなど、今までは楽しくやれていたことが苦しいと感じるとき。さらに、朝起きられず、夜眠れない日が続くなど、生活に支障を来しているときだ。
こうした行動が2週間以上続くときは、うつ病のサインの可能性があるという。

「特に『自分はダメな人間だ』と、自責感が強いときは注意が必要。『死にたい』などと言い始めたら、自殺に結びつく可能性もあり、早めに医療機関を受診してほしい」(猪子さん)「ゲーム依存」に、うつ病、うつ状態が潜んでいることもある。長年小中学校でスクールカウンセラーを務めてきた、東京認知行動療法センター臨床心理士の松丸未来さんが相談を受けた中に、こんなケースがあった。
http://dot.asahi.com/aera/2015070100116.html

この記事へのコメント