出所当日、帰宅途中の女子中学生を無理やり乗用車に押し込み監禁致傷――懲役9年

札幌市内で昨年10月、刑務所を出所した当日に女子中学生を車に監禁し、けがを負わせるなどしたとして、未成年者略取や逮捕監禁致傷などの罪に問われた住所不定、無職近藤順被告(39)の判決公判が11日、札幌地裁であった。
高杉昌希裁判官は「誠に卑劣な犯行」として、懲役9年(求刑懲役10年)を言い渡した。

 判決によると、近藤被告は昨年10月30日午後6時半ごろ、同市清田区の路上で、帰宅途中の女子中学生を無理やり乗用車に押し込み、布テープを体に巻き付けた。
「絶対逃げるなよ、包丁あるからな」などと脅し、女子中学生が逃げるまで約15分間にわたって監禁し、顔に軽傷を負わせた。
近藤被告は過去にも同様の罪で服役し、事件当日の朝、刑務所を出所したばかりだった。

出所当日に女子中学生監禁 被告に懲役9年判決 札幌地裁
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0325921.html


この記事へのコメント