モルヒネが効かないガンの恐ろしさ。包丁で体を少しずつ切り刻むような痛み。ガンで死にたくないよな

不倫について調べてみた
女性のための超高収入アルバイト1日30分で100万円
家出少女の神待ちサイト
安心だといわれてるコミュニティサイトって使えるのか
口コミ人気の出会いコミュニティ
◆記事:今井雅之氏にみる末期大腸がんステージ4の想像を絶する痛み

その時の記者会見で、今井雅之さんが声を絞り出すようにして、「もう生きているだけの状態になったら、いっそのこと殺してほしい。
安楽死です。夜中にこんな痛みと闘うのは、そして飯が食えないのは
本当に辛いです」と語った言葉は今でも忘れられない。

俳優になる前は陸上自衛隊に所属し、鍛え抜かれた身体と強靭な精神力には
定評がある今井雅之をして「殺してほしい」とまで言わしめる、ステージ4の末期大腸がんの痛みとは、一体どれほどのものなのだろうか。

最近、末期大腸がんの父親を看取ったという人は、その父が生前に
末期大腸がんの痛みを「例えるなら、包丁で体を少しずつ切り刻むような
痛み」と話していたといい、「最期はモルヒネを使用しても痛みが十分に取れないようで、白目をむいて鬼のような表情で逝ったのが忘れられません」と語っている。
-----------------------------------------------------国立がんセンター発表(ソース 日本経済新聞)
牛肉を毎日100グラム以上食べる男性は結腸がんの発症リスクが44%増
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2800H_Y1A121C1CR0000/

"モルヒネが効かないガンの恐ろしさ。包丁で体を少しずつ切り刻むような痛み。ガンで死にたくないよな"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: