大きな古時計の替え歌「大きな態度の安倍総理、おじいさんと同じ」と歌ったアイドルイベが中止

“自民批判”アイドル、市が出演イベントの後援取り消し

今月13日、神奈川県の大和市が後援した市民団体のイベントに出演したアイドルグループの言動をめぐり、市が後援の取り消しを決定する異例の事態となっています。
さらに、アイドルグループのもとには脅迫メールまで。
一体何があったのでしょうか。

「ダッ!ダッ!脱・原発」

軽快な曲に似合わない社会的な歌詞が会場に響きます。

「それはそれは とても許せないお話 例え例え 国の政策だとしても」
(「ダッ!ダッ!脱・原発の歌」、制服向上委員会)

歌うのは、女性アイドルグループ「制服向上委員会」です。
これは13日、神奈川県大和市で行われたイベント。
改憲に反対する市民団体「憲法九条やまとの会」が主催し、大和市と市の教育委員会が後援しました。
http://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye2525943.html

"大きな古時計の替え歌「大きな態度の安倍総理、おじいさんと同じ」と歌ったアイドルイベが中止"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: