同性婚よりも一夫多妻制を認めるべき。金持ちが何人も嫁さんを作れば少子化対策にもなるので。

◆同性婚認めたから「一夫多妻も認めろ」と結婚届提出

アメリカで出された同性婚を認める最高裁判決をきっかけに、一夫多妻の生活を送っている家族が裁判所に結婚届を提出しました。
モンタナ州に住むネイサン・コリアーさん(46)は、宗教上の理由で、2人の妻と5人の子どもと生活をしています。
2000年に1人目の妻のビクトリアさん(40)と法的に結婚しました。
そして、2人目の妻のクリスティーンさんとは宗教上の結婚式を挙げましたが、アメリカでは一夫多妻は認められていないため、婚姻関係はありません。

先週、アメリカの最高裁で同性婚を合憲とする判決が出た際、ロバーツ最高裁長官が「同性婚を認めると、一夫多妻も同じ議論になる」と
反対意見を述べたことから、コリアーさんは一夫多妻も結婚の平等にあたると考え、2人目の妻との婚姻届を提出しました。

郡の裁判所はいったん受理するのを断ったうえで、来週までに正式な判断をして返答するとしています。
コリア-さんらは、拒否された場合は訴訟を起こす構えを見せていることから議論を呼びそうです。
テレ朝news 2015年7月3日18:07
http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000053981.html

"同性婚よりも一夫多妻制を認めるべき。金持ちが何人も嫁さんを作れば少子化対策にもなるので。"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: